ダイの大冒険 PR

ダイの大冒険をより楽しむためのドラゴンクエスト呪文の知識

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

みなさんこんにちは。
好きな呪文はイオナズン。
マンガおにいさんです。

なんかイオナズンって特別感があると思うんですよね。

さて、本日はダイの大冒険をより楽しむためのドラクエの知識をご紹介いたします。

マンガおにいさんはダイの大冒険が大好きなのですが、ふと「ドラクエ知識がないとわかりにくい部分もあるのでは?」と思いました。ダイの大冒険連載時はドラクエは最盛期とも言える時期でしたので、ドラクエ知識がある人が多かったです。(連載開始と同時期にドラクエ4、連載終了時にドラクエ6が発売されています。)しかし、今はそもそもドラクエやったことない人もいるのでは?と思い、今回の投稿です。

なお、おにいさんはナンバリングは3,5,6,8を、その他「トルネコの大冒険1-3」、あとはドラクエウォークなんかをプレイしております。あとは懐かしのドラクエ4コママンガ劇場を読んでました。理解出来る程度には知識がある人間です。

ではでは、まずは大体のシリーズで最初に覚える呪文から参りましょう。
なお、説明は大体6辺りまでの呪文体系です。
作品によってダメージに差はありますが、大体これくらいという値にしてあります。
また、9以降で登場したメラガイアーなどは紹介しておりません。

炎の呪文 メラ系

まずは炎の呪文、メラ系のご紹介です。
メラメラ燃える、というところからメラという名前です。
メラ系の呪文は、次のように強い呪文となっていきます。

  • メラ:初級呪文。敵1体に10-15くらいのダメージ。
  • メラミ:中級呪文。敵1体に50-80くらいのダメージ。
  • メラゾーマ:上級呪文。敵1体に150-180くらいのダメージ。

ダイの大冒険でメラといえば、大魔王バーン様の「今のはメラゾーマではない、メラだ」が有名ですが、普通に使えばこういうレベルでのダメージ差があるので、今のがメラゾーマじゃなくてメラなの!?とキャラクターのみならず読者まで驚くというセリフでした。

今回この記事を書こうと思ったのもこのセリフからですね。
ちなみに、この時期のドラクエでは攻撃魔力的なパラメータはなく、ゲーム中では大体上記で上げたようなダメージしか出ませんでした。

なお、最近のドラクエウォークでは攻撃魔力というパラメータが設定されており、メラでも100オーバーのダメージをやすやすと出したり、メラゾーマは2000ダメージを超えたりします。バーン様のカイザーフェニックスはどれくらいダメージが出るんでしょうね・・・。

氷の呪文 ヒャド系

次に氷の呪文、ヒャド系のご紹介です。
なんかこう、ひゃっこい的な響きでヒャドになったんだと思われます。
ヒャド系の呪文は、次のように強い呪文になっていきます。

  • ヒャド:初級呪文。敵1体に30くらいのダメージ。
  • ヒャダルコ:中級呪文。敵1グループに40~50くらいのダメージ。
  • ヒャダイン:中級呪文その2。敵全体に80くらいのダメージ。
  • マヒャド:上級呪文。敵全体かグループに100くらいのダメージ。

ダイの大冒険では決め技として使われたりすることはほぼありませんが、要所要所で使われる魔法です。一番活躍したのは、キルバーンの死の罠(キル・トラップ)ダイヤの9時でしょうか。ノヴァのマヒャドも捨てがたいです。

閃熱呪文 ギラ系

次に閃熱呪文のギラ系です。
ギラギラしているという光のイメージからギラです。
ギラ系の呪文は、次のように強い呪文になっていきます。

  • ギラ:初級呪文。敵グループに20くらいのダメージ。
  • ベギラマ:中級呪文。敵グループに30~40くらいのダメージ。
  • ベギラゴン:上級呪文。敵グループに100くらいのダメージ。

ダイの大冒険では、メラ、ヒャドなどと比べて格上に設定されています。というのも、ドラクエ1では主人公の勇者が覚えるのはベギラマまでであり、作品内では最強呪文というところからそれに対するリスペクトとのこと。
両手で構えて言いたいですよね。

極大閃熱呪文(ベギラゴン)!!!!

爆裂呪文 イオ系

次に爆裂呪文のイオ系です。
言葉のイメージはちょっとわかりません・・・。
イオン化という話もあるようです。
イオ系の呪文は、次のように強い呪文になっていきます。

  • イオ:初級呪文。敵全体に20くらいのダメージ。
  • イオラ:中級呪文。敵全体に50~60くらいのダメージ。
  • イオナズン:上級呪文。敵全体に150くらいのダメージ。

イオ系はハドラーがよく使ってますね。作中他ではそこまで使われていないかもしれませんが、終盤ではバーン様がイオラっぽいものをいっぱい使ってますね。

真空呪文 バギ系

次に真空呪文のバギ系です。
言葉のイメージは風がバキバキものを倒すからとのこと。
バギ系の呪文は、次のように強い呪文になっていきます。

  • バギ:初級呪文。敵グループに10~20くらいのダメージ。
  • バギマ:中級呪文。敵グループに30~50くらいのダメージ。
  • バギクロス:上級呪文。敵グループに80~150くらいのダメージ。

ダイの大冒険作中ではバギ系は最初期にダイがキラーマシンに対して使っていたのと、ハドラー親衛騎団のフェンブレンが使っていましたね。風系の魔法ということで、攻撃に直接使用するというより、相手の体勢を崩すときなどに使われています。

雷呪文 デイン系

次に電撃呪文のデイン系です。
言葉のイメージは雷撃、雷電などからです。
デイン系の呪文は、次のように強い呪文になっていきます。

  • ライデイン:初級呪文。敵単体に80くらいのダメージ。
  • ギガデイン:中級呪文。敵全体に180~220くらいのダメージ。

ダイの大冒険作中で最もかっこいい使われ方をする呪文のひとつであるデイン系です。ドラクエナンバリングでも、勇者専用呪文でなおかつ威力も最強クラスというものです。
ダイの大冒険ではバランのみがギガデインを使用しています。また、ライデインもダイとバランのみ使用していますね。竜の騎士が天候を操るという言い伝えはこの呪文によるものなのでしょう。

ライデインとギガデインで威力にかなり差があり、バランがダイと戦った際にギガブレイク(ライデイン)の威力が大きく下がったであろうことも納得がいきます。

回復呪文 ホイミ系

次に回復呪文のホイミ系です。
言葉のイメージは保育とか保険とかからとのことです。
ホイミ系の呪文は、次のように強い呪文になっていきます。
(ベホマラーなどは抜きます)

  • ホイミ:初級呪文。体力を30程度回復。
  • ベホイミ:中級呪文。体力を80程度回復。
  • ベホマ:上級呪文。体力を全回復。

ドラクエの中では最も使用頻度が高い呪文と言っても過言ではありません。
ダイの大冒険では、マァム、メルル、レオナ、最終的にはポップも使用可能となります。
作中では瞬時に全回復とはいきませんが、要所でダイやクロコダインの回復をしていますね。ポップはシグマ戦でゾンビのごとくこれで戦っていました。

蘇生呪文 ザオ系

最後に蘇生呪文のザオ系です。
言葉のイメージはちょっとわかりません・・・。
ザオ系の呪文は、次のように強い呪文になっていきます。

  • ザオラル:死んだ仲間を50%の確率で、体力50%で復活させる。
  • ザオリク:死んだ仲間を必ず体力100%で復活させる。

ダイの大冒険ではポップが死んだときに、レオナがザオラルを使用しています。
また、ザボエラの毒を受けたメルルを回復するときにポップが放った回復エネルギーを表すときにザオリクの名前が出てきています。
ザオラルで生き返らなかったポップは衝撃でした。

終わりに

以上、ダイの大冒険に必要だと思う呪文の知識でした。
メラだけでも覚えていただけるといいかなと思います!

ABOUT ME
マンガおにいさん
古くとも新しくとも名作は名作。そんな名作との出会いを仲介できるよう、マンガをご紹介していきます。おにいさんの部屋でのんびりしていってください。
error: 盗用が目立つのでコピー防止